米国で「Base Noodles(ベースヌードル)」を販売開始

ベースフード株式会社は、 2019年9月より、 米国で「Base Noodles(ベースヌードル)」の販売を開始します。

米国展開を支えるベースフード(US)社員たち

ベースフードは、 昨年よりサンフランシスコに米国拠点を設置し、 新たに米国人社員をチームに迎え、 現地で米国展開の準備を進めてきました。

2019年8月28日(現地時間)に、 米国国内向けの公式ウェブサイトをオープン。 2019年9月第1週より、 ウェブサイト内のオンラインストアから注文受付を開始予定です。販売地域は、カリフォルニア州を中心とした西海岸エリアの7つの州です。

昨今、 肥満や高額な医療費が問題となっている米国では、 市民の健康意識が高まっています。 ベースフードは、 「Simple, Delicious, Nutritious(かんたん、 おいしい、 からだにいい)」 のすべてをかなえるあたらしい主食で、 米国においても、 日常食として人々の健康維持に貢献できるよう、 邁進してまいります。

■米国内で販売開始する「Base Noodles」について

「Base Noodles」パッケージ(表・裏)

商品概要:日本で販売する「BASE NOODLE」の米国版。 栄養素の基準値をFDA(Food and Drug Administration/アメリカ食品医薬品局)の規定に合わせ、 米国人が1日に必要とする栄養素の1/3を満たす麺になっています※。商品は現地の工場で生産します。

米国版ウェブサイト: https://basefood.us 

販売エリア:アリゾナ州、 オレゴン州、 カリフォルニア州、 コロラド州、 ネバタ州、 ユタ州、 ワシントン州

※ Daily Values(DVs)に基づき、 calories, total fat, saturated fat, cholesterol, total carbohydrates, sodium, chlorideを除く、 すべての栄養素で1日分の基準値の1/3以上を含んでいます。

■「Base Noodles」に含まれる栄養素

■8月28日(現地時間)に行われた、 米国でのメディアイベントの様子

メディアイベント当日の様子

サンフランシスコ パロアルトにて、 現地メディア向けの試食イベントを行いました。

会場となった「ラーメン凪 パロアルト店」は、 ラーメン人気の高まる米国でも特に注目され、 行列ができる人気店です。 当日は約40人の現地メディアが来場し、 ラーメン凪 パロアルト店・サンノゼ店にて9月2日から期間限定で販売する、 Base Noodlesを使ったラーメン「Base Veggie King(ベースベジキング)」を試食しました。

「栄養が含まれているのに、 2分で調理可能とは簡単でよい」「健康的な食事なのに、 それを意識しないほど美味しい!」などの声が上がりました。

期間限定で販売する、 ラーメン凪とのコラボ商品「Base Veggie King」

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *